Book Reviews / 読者書評
アラスカ、ユーコン川への冒険、極北の人々の魅力を伝えたい。読んでほしいから、まだまだ載せます。
ノンフィクション作家 廣川まさき 集英社刊 『ウーマンアローン』『私の名はナルヴァルック』
Twitter に寄せられた読者コメント

@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読ませていただきました。未知なる世界への淡い憧れのつもりで読み始めたのですが、エスキモー達につきつけられた現実は、今の日本の状況と重なっているように思え、胸が締め付けられる気持ちになりました。これからも良い本期待してます!
@HirokawaMasaki 『ウーマンアローン』読ませていただきました!活動的なところはもちろん、周囲と交わっておられるその自然な姿というか心情というのか、とても爽やかに感じられました。我が娘たちにも世界に素直に飛び込んで溶け込んでいって貰いたいと願いました。
@HirokawaMasaki 「ウーマン・アローン」読みました。熱中して、あっという間に読めました。このサーモンの写真をみると、また思い出されますね。人間が自然に包まれながら、旅をしていくのはやはりすごいことなのだなあと思います。いい本に出会えました。ありがとうございます。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読みました エスキモーに溶け込んでいく廣川さんは人間性がよいのだなあと思います。アラスカのエスキモー村での滞在記。その後がしりたいです
@HirokawaMasaki 『私の名はナルヴァルック』拝読しました。最初に「チャリオット計画」が出てきたので、度肝を抜かれたわけですが、青森の六ヶ所村再処理工場によく似ているなぁと、感じました。常に過疎地や未開地は、近代科学に狙われ続けます。食に関してもそうです。次作期待中!
@HirokawaMasaki 『ウーマンアローン』今日読み始めて2/3を読了しました。面白いので一気に読み進めたいところですが、語学の勉強もあるため、明日に譲ります。スズメバチは痛かったでしょうね。それでも気合で発疹を押さえ込んだのは人間業ではありません。女から男を超え女神へ!
@HirokawaMasaki 早速『私の名はナルヴァルック』読まさせていただきました!アラスカの世界に引き込まれて、帰りの電車の中で読み切ってしまいました!
@HirokawaMasaki フォローありがとうございます。著書を拝読しました。どんどん道を切り開いていくところが素敵です。毎回ナショジオの連載も楽しみにしています。ニーナの回、ホロリときました。繋がれてびっくりです。今後も楽しみにしてます。
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読ませて頂きました( ´ ▽ ` )野田知佑さんのファンなのですが、また、違ったユーコンを感じました。アラスカ物語も読みたくなりました。
(@HirokawaMasaki)さん著:ウーマンアローン読了。[志と信念]その生き方に敬服!人間としての完成体は女性であろう(男性は未完成.orz)時代を担う青年は必読(特に乙女)早速、長女(14)にプレゼントしよう(^o^)v【おすすめ】「生きるって、こういうことなのか」をまさに実感!「死んでもいい」なんて覚悟じゃない。「生きてやる。生き抜いてやる」それが本当の覚悟!/廣川まさきさん著:ウーマンアローン
@HirokawaMasaki 廣川まさき著「ウーマンアローン」読みましたo(^-^)o アラスカに女の一人旅してるのに、爽やかな語り口がグッドでした。 読んだ後アウトドアしたくなりました
@HirokawaMasaki ウーマンアローン今読み終えました。この頃、いろいろと迷い悩んでいたのですが勇気を貰えました。夢に向かい自分を信じて前進あるのみ。ユーコンの自然、温かい人々、私も一度経験してみたい。読んでいて心地よくいい時間を過ごせました。ありがとうございます。
@HirokawaMasaki『 ウーマンアローン』拝読しました。私は貴女がうらやましく、誇らしいです。何も知らない私に見せてくれたアラスカの自然と人々と歴史の旅。得たことも多く、興味が尽きません。勇気をもらった気がしています。とてもよい時間をどうもありがとう。
@HirokawaMasaki 作品2作を読まして頂いています。冒険の原点とうか、人間にとっての探検の動機がかかれている件が、何故か美しい詩のように感じました。「私の名は・・」はまだ半分ですが原発問題が背景なっていて、より詳しい人間の生活も描かれ興味津々です。
@HirokawaMasaki『 ウーマンアローン』拝読しました。私は貴女がうらやましく、誇らしいです。何も知らない私に見せてくれたアラスカの自然と人々と歴史の旅。得たことも多く、興味が尽きません。勇気をもらった気がしています。とてもよい時間をどうもありがとう。
@HirokawaMasaki 作品2作を読まして頂いています。冒険の原点とうか、人間にとっての探検の動機がかかれている件が、何故か美しい詩のように感じました。「私の名は・・」はまだ半分ですが原発問題が背景なっていて、より詳しい人間の生活も描かれ興味津々です。
@HirokawaMasaki ウーマンアローン読みました。一村に一会ありかぁ。観光ではない旅がしたくなりました。bear_baitはごめんですが。
@HirokawaMasaki ウーマンアローンを読んで ノンフィクションの内容や情景描写、文章表現が特に素晴らしいと感じた。でもアラスカの旅から無事に帰還して書いたノンフィクションと知っているからまだ安心して読めたが、でなかったらハラハラして (続く)
@HirokawaMasaki とても落ち着いて読める内容ではなかった。 僕も「まさーきー、そんな危険な旅は止めてー」と言いたい心境になった。この気持ちは今後も変わらないと思う。 次は「私の名はナルヴァルック」を読破します。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック読み終わりました。初めて知ることがたくさんで本当に良かったです。自分自身マスコミからたれ流されるかたよった情報だけでなく、もっと勉強しなくては。今回旅されたことも書かれると思うので楽しみにしてます。よいお年をお迎えください!
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読了。「ウーマン・アローン」の時もそうだったけど、すごい行動力ですねえ。頭が下がります。 時に、鯨の肉を鯨の血で発酵させた「ミキヤック」は一度食してみたいですね。
@HirokawaMasaki お体の調子いかがですか。私の名はナルヴァルック読んでます。今まで読んだ旅行記より、エスキモーとの関わりが深く書かれていていいですね。温暖化のこともいろいろな考え方があるのですね。偏った情報だけでなくいろいろ勉強する必要があるなと思いました。
@HirokawaMasaki 出入りの本屋さんから「ウーマンアローン」「私の名はナルヴァルック」購入しました。これからゆっくり読ませてもらいます。あ~ケニア行ってみたいですね。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック、読ませていただきました。魂(ソウル)を揺する体験、感情移入してました。アパの歌のところ、「マサキ踊れ!」って言ってました。
@HirokawaMasaki ウーマンアーロン読み終わりました!女性一人での1500㎞以上のカヌーの旅は本当に大変で、また、実り多き旅になったのですね。特に旅先で出会う人との繋がりや、生きる覚悟と言う所がとても印象に残りました。本当に良い作品です。ありがとうございます(^-^)
@HirokawaMasaki 今ナルヴァルック読んでます。今度はずいぶん暑いところへ。お体気をつけてくださいね
@HirokawaMasaki ウーマンアローン 書店で見つけられなかったので、アマゾンで購入しました。届いたら早速読み始めたいと思います。楽しみです!
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」やっと読み終えましたが、ユーコン川の光景を想像(全くの想像)しながら読んでました。無事にビーバー村に着けたものだと、読み終えてホッとしましたよ。
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」のスケールの大きさ、沢山のバワーを頂いたのを覚えています。 廣川さんのお名前を見つけて思わずフォローしました。
@HirokawaMasaki ナショナルジオグラフィックは講読してますが、ウェブ版があったんですね(汗) メッセージありがとうございます。簡単ではないけど、素敵な生き方ですね。お身体に気をつけて頑張って下さい。
@HirokawaMasakiおはようございます!ウーマンアローン拝読させて頂きました。Masaki さんの行動力と勇気、そして自然とのコミュニケーションの仕方が素敵です!ハンサムウーマンですね(^-^)v
@HirokawaMasaki こんにちは!いつもながら頑張ってますね!貴女の[ウーマンアローン]をこれから夜な夜な拝読させて貰います(^-^)
@HirokawaMasaki おはようございます。ウーマンアローンを久しぶりに再読して忘れていた何かを思い出しました。届いたナルヴァルックに突入します〜
@HirokawaMasakiメッセージ頂けるなんて、光栄です!今年2月に握手、サイン本を戴きました。私は3月から外国で農家研修をしているのですが、廣川さんのサイン本を持ってきました。9月頃やっと読破しました。今廣川さんは何を思っているんだろう、思った所です。よろしくお願いします
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読ませていただきました。アラスカ物語→安田恭輔への憧れ→ビーバー村を目指しユーコン川カヌー一人旅→漕いで、漕いで、前進、前進、多くの方々との出会い---,(アラスカ物語を読みたくなりました。)
@HirokawaMasaki 『ウーマンアローン』も先日読了しました。女性ソロが初というのには驚きました。かなりの人がユーコン下りに行っていると聞いていたので。感想はブログにでも書こうかと思います。しかし、思い切りのいい人ですね!ヽ(´▽`)/11月17日@HirokawaMasaki 初めまして!メッセージありがとうございます。これからもよろしくです♪( ´▽`) 今ウーマンアローンより先にナルヴァルック読み始めました。まだ初めの方ですが、とても素敵でどきどきします! よろしくです!ぺこ。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック読了。世界には知らないことがたくさんある。それ知ることができて考えることができる。だから読書が止められないのだ。ウーマンアローンと併せてみんなに読んで欲しいね!
@HirokawaMasaki さきほど読み終えました。「ウーマンアローン」、いい本でした。詳しい感想、紹介は後日、私のブログに書くつもりです。Twitterでフォローしていただいたおかげで、ステキなご本に出会えました。微力ながら応援していきたいと思っています
@HirokawaMasaki ウーマンアローン読了。自分が旅をしたような気持ちになりエアーカヌーをしてる!
@HirokawaMasaki 「ウーマンアロ-ン」読了です。ユーコンをカヌーで一人旅。「漕いで、漕いで、漕いで、漕いで、全身の筋肉が、肺が、心臓が、悲鳴をあげながらも、漕いで、漕いで、漕いだ。」....ドキドキしながら、一気に読みました。久しぶり、爽快な感動をいただきました。
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」拝読致しました。ユーコン川を、一緒に旅させていただいているように気持ちになりました。文章に描かれていない部分での葛藤・苦労も、たくさんあったのでしょうね。素晴らしい読書でした。読了後、新田次郎著「アラスカ物語」を入手しました。
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読みました。まるで椎名誠や野田知佑のような世界(ちなみにシーナさんも大好きな作家です)。とっても素敵な旅をしてきたんですね!うらやましい限りです。それにしても、こんな壮大なことをやっちゃうあなたは、ほんとに凛々しい女性ですね。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」が届き、読みはじめてます。 文中にありましたが、富山出身なのですね。 自分も富山出身です。立山・剣の山々が常に見える景色が、原風景で、山歩きや自然に抱かれる感じが好きです。 ご活躍期待しております。
@HirokawaMasaki ようやく御著書「私の名はナルヴァルック」が届きました。エスキモー姿の廣川まさきさんが美しくとても綺麗な装丁ですね。真夜中に読ませていただきます。真夜中の読書は珠玉の時間。
@HirokawaMasaki さん、「ウーマンアローン」読了。初め、平易な文章で只の旅行記?と感じておりましたが、読み進むにつれ自分もユーコンを下っている感覚になり、最後のユーコンフラッツでは、ぬかるむシルトをぜいぜい言いながら一緒にカヌーを引っ張っておりました(笑)。ナイス!
@HirokawaMasaki 遅ればせながら、今日から「ウーマンアローン」読みます!出出しの「カヌーを浮かべた」から静かで熱い決意のようなものを感じます。情景を思い浮かべながらカナダ、アラスカの自然を満喫したいと思います。
@HirokawaMasaki 「~ナルヴァルック」読みました。とっても素敵な体験をされたんですねえ。文章を通じてあなたの体験をほんの少しでも共有できたようで、楽しかったです。エスキモー達の「何でも分け合う文化」っていいですね。なにか懐かしさを感じます。これからも期待してますよ!
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読了しました。随分深く受け入れられたのですね。誰もが変わらずにはいられない。人体実験・石油採掘・温暖化・調査捕鯨などにも言及していて、驚く人が多いのではと思います。調査捕鯨に関しては、水産庁利権と言い切って良いでしょう。
@HirokawaMasaki ウーマンアロー 読み終わりました。良い意味で男以上に男らしく、いさぎよくカッコイいい。
@HirokawaMasaki 『私の名はナルヴァルック』を読んだ。ウーマンアローンは次の展開を早く知りたかったが、今回はエスキモーの生活をゆっくり疑似体験出来てどちらも読後感大満足。
@HirokawaMasaki 『ウーマンアローン』を一気に読みました。大自然と真正面から向き合うあなたの生き様に敬意を表します。私もカヤックで数十キロ海を漕いだが、1500キロとは偉業ですね。これから『私の名はナルヴァルック』を読みます。
@HirokawaMasaki 実は、私も今日から廣川まさきさんの「私の名はナルヴァルック」を読み始めました。1行目から衝撃でした。アメリカでも日本同様(日本がアメリカを真似たのか)、迷惑施設は僻地に作られるようですが。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァック」を読み始めて、いきなり核物質の話なのに驚いた。今の日本の状況を見るにつけ、なんと皮肉なことか。2人の女性活動家?(。・.・)ん?シリアとジニー?などと思いながら読み始めたばかり。「ウーマンアローン」も届いた。じっくり読むね。
@HirokawaMasaki 本が届きました。ウーマンアローンから読んでます。~人間としての生き方の自由はごく自然であっていい~すごく共感できます(^-^)今から第二章に突入します。
@HirokawaMasaki こんばんわ^^ 『Are you gonna kill me? Or hug me?』が鮮烈だったので、『ウーマン アローン』を読むことにしました。楽しみでワクワクしています♪
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」拝読いたしました。感想を一口では語れない内容だと思いました。
@HirokawaMasaki 〈ナルヴァルック〉完読!強くて逞しい "ナルヴァルック" 。「国家というものは、国民に嘘をつき、秘密にし、そして裏切る」このフレーズが気になるのは私だけだろうか!★次作を期待します。
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読了しました。壮大なユーコン河に挑むと言うよりは、フランク安田にあこがれて、ビーバー村に行きたいという強い気持ちと、孤独の中にあって、多くの人たちの助けに感謝しながら、自然に謙虚であることに、とても感動しました!
@HirokawaMasaki 昨日「ナルヴァルック」読み終わりました。経験を昇華して人に伝えるというお仕事すばらしいと感じました。また、別の本も読んでみたいと思います。
@HirokawaMasaki 読みました〜『ウーマンアローン』→『私の名はナルヴァルック」→『アラスカ物語』(ウーマンアローンを読んで、絶対読もうと決めた本でした)。アラスカ物語を読んだら、始めの2冊を改めて読みたくなりました!すっかり極地づいている今日この頃です。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック拝読いたしました。辺境の地で現地に溶け込む逞しさと、そして女性らしい視点と情緒。大声で叫ぶデモンストレーション行為より、ずっと静かに心に響き渡ります。読んで共感し、あらためて考えたこと、今までの考え方が変わったこといっぱいです
@HirokawaMasaki 早速拝読しました。放射能汚染のことなど、今の日本の状態とも無関係ではなく、また、エスキモーの人たちの暮らしの様式は、僕たちとは、異なりますが、根っこにあるものは、いいことも、よくないことも共通しているように思いました。でも、とても素敵な作品でした。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読み終わりました〜。寒い北極の地での話しでしたが、寒さよりも人の温かさを感じる話でした。放射能汚染の他に、温暖化の事にも触れていましたが、凄く考えさせられます。次は「ウーマンアローン」を読んでみますね!
@HirokawaMasaki Woman Alone 今、読み終わりました。貴女に感激!今の読後感はそれだけ!落ち着いたら、もう一度読もうと思います。その前に貴女の次作に挑みます。
@HirokawaMasaki 必読です!「私の名はナルヴァルック」いろいろ考えさせられます。 RT@HirokawaMasaki: 放射能汚染から、大地を守ろうとしたエスキモーたち。

10月以降にいただいたメッセージ
@HirokawaMasaki 読みました!椎名さんが「感動の一冊」と評価している本、わが家にも今日amazonから届きました。これから読むの楽しみ〜
@HirokawaMasaki 椎名さんが「感動の一冊」と評する本、私も読んでますよ~
@HirokawaMasaki メッセージありがとうございます。『私の名はナルヴァルック』読ませて頂きました!静岡朝日テレビのHPのおすすめブックスでも紹介させて頂きました(^-^)ウーマンアローンも読みたいと思ってます!
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」廣川まさき著、を読んでいます。開高、野田と匂いは同じでも、女性らしい繊細な本です。みなさんも是非とも読んでみてください!
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読み終わりました。これからは、ファンの一人に加えてくださいね(笑)
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読ませていただきました。山を走る者として地球上の人間の立場、また伝統・文化をしっかり持った民族の強さ・その大切さについては共感し、また勉強になりました。廣川さんの出会い、別れ、考えに感動し、泣けました。頑張る力貰いました。
@HirokawaMasaki 今「私の名はナルヴァルック」読み始めたところです。こうやって自ら現場に飛び込んでいって実体験をして叫ぶ、そういう生き方、すばらしいなと思いました。今まだジニー・ウッドさんとの出会いのところ。わくわくしますね~」
@HirokawaMasaki 買って読みはじめています。まだ最初の方ですがめちゃくちゃ共感できます。僕の祖父は広島の原爆で被爆し、奇跡的に助かり今こうして僕がいます。読み終えてから何かの原動力になればと思います。
@HirokawaMasaki 一昨日ゲットしていた【私の名はナルヴァルック】、昨日は午前様で読めなかったけど、さっきまで爆睡して目が覚めたので4章まで。引き込まれる内容です。
@HirokawaMasaki 先日読みました!初めて知る‘今’のエスキモーのリアルな生活。写真が無いからか余計に文章にひきこまれたように思います。バギー三人乗りのイラスト。なんだか好きです。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック読了しました~。何度も読み返したい一冊です。感動をありがとう!
@HirokawaMasaki これまで読んでいた本をやっと読み終え、昨夜から「私の名はナルヴァルック」に突入!本に使われているブルーもフォントも大好きです。早く帰って続き読みたくてたまりません。
@HirokawaMasaki さん fuka長男Ryo(小6)です。ウーマンアローン読みました。とても面白かったです。ぼくも、この本を読んだら、フランク安田さんに会いに、ユーコン川を下ってビーバー村まで行ってみたくなりました。ナルヴアルックは、もうすぐ読み終えます。感想かきます
@HirokawaMasaki ナルヴァルック読みました。人間の「生」が感じられる素敵な本ですね。環境調査の記述も興味深く拝読しました。差別、民族、伝統、文化、いろいろ考えることができた!
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」二度読みしてしまいました!「私の名はナルヴァルック」は今日注文しました。まさーきーは熊肉を食べたことがありますね、きっと。
廣川まさきさん@HirokawaMasaki の「私の名前はナルヴァルック」読了。ありのままに事実を受け入れ淡々と生きる女性アカが印象深い。あとかなりの割合で紹介されたエスキモー達の様々な食べ物も。実際自分が食べられるか自信無いけどミキヤック食べてみたいなぁ。
@HirokawaMasaki 読みました。歴史認識の深さ。伝統を守るアカとアパ。一方で働かない若者達の社会不安。そして自然。そんな中、生活を通してアカへの思いを深めた最後の結びの綺麗さ・・。イベントが近くであったら参加したいです。新田次郎をOBに持つ高校で過ごしたオヤジより。
@HirokawaMasaki はじめまして。早速、本二冊取り寄せました。「ウーマンアローン」から、読み始めています。まさーきーと旅に出発よ(^^)
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読了しました。ユーコン川の流れのようにグイグイ読んでしまい、読み終わるのを惜しみました。まさーきーの影響でカヤックを始めます。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読みました。寒いアラスカでの生活がどんなものなのか想像が出来ませんが、昔給食で鯨の肉を食べた事があります。あれもアラスカで取れた肉だったのかな~?原爆はどこの国でも問題ですよね。なくなってほしなー。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック読ませていただきました。伝統捕鯨を通じて伝統を重んじる人々の清々しさ、強さ、時には虚しさを感じ最後は心を暖かくさせて読み耽りました。
@HirokawaMasaki「ウーマンアローン」と「私の名はナルヴァルック」を立て続けに読んだ。少年時代から憧れた冒険家達、堀江謙一、植村直己、星野道夫。奇しくもナルヴァルックに至っては福島原発事故が起きる約半年前の発行。果たして日本の放射性○○○は一体どこにいくのだろう。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読了しました。大自然の中で生きる人々の生き生きとした息遣いが感じられる作品でした。爽やかな感動と同時に、放射能の問題や、少数民族の問題等々にも思いを巡らせる複雑な読後感ですね。
@HirokawaMasaki こんばんは。安田恭輔との出会い。そしてユーコン川下りの冒頭。「You are the river.」と送り出してくれたスコットさんのアドバイスが胸に響きます。僕もいつか必ずユーコンへ行く気がします。
@HirokawaMasaki 開高健ノンフィクション賞受賞おめでとうございます。受賞作「ウーマンアローン」注文しましたが、届くまでの間、今連載中の「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」nng.nikkeibp.co.jp/nng/article/20… 読み始めました。で、第17話は何時掲載されますか?
@HirokawaMasaki おはようございます。「私の名はナルヴァルック」「ウーマンアローン」読みました!まさきサンの行動力に感動です。そしてアラスカでも原子力問題があったことも初めて知りました。若者の問題も。これからもがんばってください!
@HirokawaMasaki アラスカからのご報告(著書)を拝読しました。「ウーマンアローン」では、カヌーでの一人旅、ご本の中で私も冒険させていただき、わくわく、ドキドキしました。「私の名はナルヴァルック」では、エスキモーの視点から、様々な問題点を考えさせられました。感謝。
@HirokawaMasaki 「私の名は、ナルヴァルック」に続いて「ウーマンアローン」も読了しました。臨場感あふれる描写で、自分もカヌーに乗って、ユーコン川を下っていくような気分を味わいました。
@HirokawaMasaki ナルヴァルックさん、まだ途中読みですが、なかなか地球規模の視野になる機会がなかったのでいろんな感情の化学反応を起こしてくれますね。
@HirokawaMasaki アラスカで1962年のチャリオット中止後も、密かに核分裂性物質が郵送され埋められていたとのこと。考えさせられます。「放射能を吸収した苔をカリーブが食べて体に蓄積し、そのカリーブを食べる、・・食物連鎖・・」(廣川まさき著「私の名はナルヴァルック」)
@HirokawaMasaki 旗をかざしての運動には躊躇いますが、事実を淡々と報告されていますので読みやすいです。「誰かが自然破壊の大切さに声・・」利益追求の暴走を警笛。「同化政策は少数民族間の意思疎通・・・」世代間の差、アインデイティ喪失。「私の名はナルヴァルック」より。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルックを読ませてもらいました。よく一人でエスキモーの中に飛び込んですごい体験をされていますね。男の私でも尻込みしそうなのに(^^;)家族の中から書かれたこの本は本当に素晴らしかったです。よい本をありがとうございました。書体も優しい。
@HirokawaMasaki フォローありがとうございます(^-^)以前友人に勧められて「ウーマンアローン」読んだことがあります。ハラハラしながら読んだことを記憶しています。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」…、本の表紙の写真を見ただけなのに、どうしてか…胸の奥底にあたたかい涙があふれます…。どうしてかな…。どうしてかな…。まだ読んでもいないのです…。Love,
@HirokawaMasaki まさ~き! 読んだぞ! 面白かった! で、次作はいつ?
@HirokawaMasaki 『私の名はナルヴァルック』読みました!!極北に住む人たちの強さと優しさに力をもらった気がします。放射能による環境汚染は日本も他人ごとではありません。この世界から人工の放射性物質が無くなるよう願います。
@HirokawaMasaki Woman Alone 今、読み終わりました。貴女に感激!今の読後感はそれだけ!落ち着いたら、もう一度読もうと思います。その前に貴女の次作に挑みます。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」読み終わりました〜。寒い北極の地での話しでしたが、寒さよりも人の温かさを感じる話でした。放射能汚染の他に、温暖化の事にも触れていましたが、凄く考えさせられます。次は「ウーマンアローン」を読んでみますね!
@HirokawaMasaki 早速拝読しました。放射能汚染のことなど、今の日本の状態とも無関係ではなく、また、エスキモーの人たちの暮らしの様式は、僕たちとは、異なりますが、根っこにあるものは、いいことも、よくないことも共通しているように思いました。でも、とても素敵な作品でした。
@HirokawaMasaki 私の名はナルヴァルック拝読いたしました。辺境の地で現地に溶け込む逞しさと、そして女性らしい視点と情緒。大声で叫ぶデモンストレーション行為より、ずっと静かに心に響き渡ります。読んで共感し、あらためて考えたこと、今までの考え方が変わったこといっぱいです
@HirokawaMasaki 読みました〜『ウーマンアローン』→『私の名はナルヴァルック」→『アラスカ物語』(ウーマンアローンを読んで、絶対読もうと決めた本でした)。アラスカ物語を読んだら、始めの2冊を改めて読みたくなりました!すっかり極地づいている今日この頃です。
@HirokawaMasaki 昨日「ナルヴァルック」読み終わりました。経験を昇華して人に伝えるというお仕事すばらしいと感じました。また、別の本も読んでみたいと思います。
@HirokawaMasaki 「ウーマンアローン」読了しました。壮大なユーコン河に挑むと言うよりは、フランク安田にあこがれて、ビーバー村に行きたいという強い気持ちと、孤独の中にあって、多くの人たちの助けに感謝しながら、自然に謙虚であることに、とても感動しました!
@HirokawaMasaki 今アリゾナです。「私の名はナルヴァルック」もアリゾナで読んでみる。ココも寒いけど、アラスカほどじゃないよなと思う(笑)。
@HirokawaMasaki 沖縄への飛行機の中で「ウーマンアローン」読みました。男は駄目になるのではなく、最初から駄目なんです、多分w 娘二人が受験なので、息子と沖縄二人旅。ボーイズアローンです^
@HirokawaMasaki 〈ナルヴァルック〉完読!強くて逞しい "ナルヴァルック" 。「国家というものは、国民に嘘をつき、秘密にし、そして裏切る」このフレーズが気になるのは私だけだろうか!★次作を期待します。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァルック」拝読いたしました。感想を一口では語れない内容だと思いました。こうした人との繋がりをアメリカで(つまり世界中で)ツイッターやフェイスブックの内容を監視できるガイドラインが作られたのが気になります。
@HirokawaMasaki 『私の名はナルヴァルック』を読んだ。ウーマンアローンは次の展開を早く知りたかったが、今回はエスキモーの生活をゆっくり疑似体験出来てどちらも読後感大満足。
@HirokawaMasaki 「私の名はナルヴァック」を読み始めて、いきなり核物質の話なのに驚いた。今の日本の状況を見るにつけ、なんと皮肉なことか。2人の女性活動家?(。・.・)ん?シリアとジニー?などと思いながら読み始めたばかり。「ウーマンアローン」も届いた。じっくり読むね。

ご意見ご感想ありがとうございます。
Masaki Hirokawa All rights reserved