ケニアの農村部子ども支援 Love Friends Project
Love Friends Project では、皆様の温かい支援と、ご寄付をお願いしています。
※ 現在の状況:Covid19の感染拡大、イスラム過激派組織アル・シャバーブ が頻繁に(テロ攻撃、外国人誘拐など)ケニアの治安を脅かしていることから、支援は調整中です。プロジェクトの進行は決まり次第、こちらのページよりお知らせいたします。
【支援寄付金の送り先】 Love Friends Project ケニア支援専用口座です。

【賛同者募集について】

● ボランティアとしてお手伝いしてくださる方。

● 資金援助をしてくださる方。


【必要物資】 

● 2歳~10歳ほどの子供服。 ● 文房具、楽器。(現在、輸送費高騰のため、物資は集めておりません)

※物資輸送には輸送費が掛かりますので、できましたら寄付金をお願いたします。


【現地スタッフ】

現地では、教師、牧師、捜査官、看護師、医学生がサポートします。


★この活動は、私のカナダのお婆ちゃんダイアナ)が行ってきた支援活動の精神を引き継ぐものです。ダイアナは長年にわたり、貧しい農村部の子どもたちの教育費(小学校から大学まで)を支援してきました。

ケニアでは、一人30ドル(3000円)あれば、一年間、給食付きで学校に通うことができます。大学は、一人300ドル(三万円)です。

その支援を受けた子どもたちは現在、医師や看護師、教師、警察官などになっています。

また、服などの生活必需品の支援は、各国のNGOやNPOが行なっていますが、その支援物資の大半は略奪にあい、転売されて、貧しい農村部まで届いていないというのが現実です。

ですから、この活動は現地にいるダイアナが支援してきた子どもたち(成長した彼ら)の協力を得ながら、私自身の足で農村部の子どもたちに支援物資(主に教育物資・文房具や小さな楽器など)届けようというものです。

個人活動ですので、できないことも多々ありますが、末永く目標を達成していきたいと考えています。

左1番目:ワイクリフ(小学校教師)、左2番目:レネット(看護師)、3番目:ダイアナお婆ちゃん、左4番目:ゲットレイ(小学校教師)左5番目:マーティン(警察:捜査官)右:ケネディ(ナイロビ大学医学部を卒業、現在は、外科のインターン)
追記)私の友人、ゲットレイは、イスラム系過激集団ボコハラムに夫を殺されてしまいました。現在、幼い二人の子どもを抱えながら小学校教師をしています。このプロジェクトは、その彼女になにかできないか?と思い立ったのがはじまりです。
彼女の出身地、カカメガの農村部はとても貧しい地域です。子どもたちの服はボロボロ。栄養失調や寄生虫のせいで、腹がぽっこりと出ている子どもたちがたくさんいます。貧しくて学校に通えない子どもたちがほとんどです。
現在、ケニアの情勢はとても悪く、テロ集団ボコハラムの残党が村に紛れている可能性があります。そのため、支援物資が襲われたり、外国人が誘拐されたりという事件が多発し、欧米諸国の支援団体が撤退を余儀なくされています。
テロのない世界。貧困のない世界。子どもたちが平等に教育を受けられ、明るい未来を歩むことができる世界を願ってやみません。
賛同してくださる方は、こちらにご連絡ください。
info@hirokawamasaki.com

写真の無断使用は硬く禁じております。Masaki Hirokawa All rights reserved