Nonfiction Writerノンフィクション作家  廣川まさき Masaki Hirokawa

新刊のご案内

チャイルドヘルプと歩んで

虐待児童を救い続けるアメリカ最大の民間組織に日本が学べること(集英社)
廣川 まさきアメリカ最大かつ最先端をいく被虐待児童の民間救済組織「チャイルドヘルプ」を取材したものです。そのテーマに自然と導かれて、日本においては、現在の児童福祉の原点である戦災孤児の救済に心血を注ぎ、人生を捧げた3人の女性(堀内キン、澤田美喜、谷口乗麟)の個人史に光を当てる章も入れております。 今日、増加傾向にある児童虐待、心や身体に傷を残す子供たち、国際的に深刻化している児童誘拐、人身売買、児童の性搾取などの脅威を、私たちの社会全体で考え、子供たちのより良い未来を守っていくことができるよう、願いを込めて執筆いたしました。少しでも児童虐待のない社会に近づけられるよう、多くの方々に読んで頂きたいと思います。

子供たちが健やかに育つ世界を願って、

良い教育は、良い未来をつくる

『児童虐待予防教育』を、全国に!
今の日本の取り組み「幼児にも性教育を」は、オカシイでしょ? 幼児への「性教育」ではなく、

今日本は、幼児を性暴力から守るために『幼児にも性教育を』という動きで進んでいます。ですが『性教育』は、そもそも未成年の妊娠、性病予防のためのもの。
なぜ日本は、幼児におこなう『性暴力から身を守る教育』を『性教育』と呼ぶのでしょうそれは、そもそも日本に『児童虐待予防教育』がないためです。
アメリカにはあります私はその講師(ファシリテーター)の資格を取得しました
アメリカ児童虐待予防と治療のNPO『チャイルドヘルプ』が開発した、児童虐待予防教育カリキュラム(スピーク・アップ・ビー・セーフ)と、ファシリテーター養成コースについて
お知らせと、募集
現在、アメリカで開発された『児童虐待予防教育カリキュラム(スピーク・アップ・ビーセーフ)』の日本普及のために、NPO『こどもをたすける』の立ち上げ準備をしています。
趣旨に賛同くださり、一緒に活動してくださる方、児童虐待予防教育ファシリテーターになりたい方、アメリカのファシリテーター・サーティフィケートを取得したい方など、

お気軽に、ご連絡ください。子供たちの「安全な未来」のために、共に活動しましょう!
適切な、子供との向き合い方フォレンジック・インタビュー(司法面接)
アメリカでは、保育士、学校教師、児童福祉、医療従事者、警察官、弁護士、検察官など、児童に最初にかかわる全ての職員が、フォレンジックインタビュー(司法面接)の技術講習を受けています。
フォレンジック・インタビューを、全国に!
『子供の記憶の汚染』という言葉を知っていますか?
これまで、虐待を受けた児童への、事情の聞き取り方が確立していませんでした。
そのため、保護に携わる児童福祉職員、警察官、学校教師、医療従事者や、その他、子供と接する大人たちによって、安易に誘導的、暗示的な言葉が使われてしまい、子供の記憶を汚染してしまっていました。
その結果、法廷では「子供の証言は、信憑性がない」とされ、虐待者を罰することができず、子供にとって不利になっていたのです。
また、各関連機関の連携が整っていないために、それぞれの立場で何度も何度も同じ質問をすることによって子供の心の傷をさらに深めてしまっていました。
フォレンジック・インタビュー(司法面接)は、そのような反省をもとに、英米で研究された『特殊面接法』です。

日本は、まだこの分野が十分に整っていません。

アメリカ最大の民間組織『チャイルドヘルプ』が運営するチルドレンズ・アドボカシー・センター。(写真センター内のプレイルーム。保護直後の精神状態を安定させるための遊び部屋)
『子どもアドボカシーセンター』を、全国に!
児童相談所の「相談」という意識では、子供の「命」は守れません!
子供の救済に必要なのは、子供を『擁護』するという強い意識で臨む「本気」の場所です。
アメリカのアドボカシーセンターは、児童福祉職員、警察、検察、小児科医、心理カウンセラー、被害者擁護職員、そして、フォレンジックインタビュアー(司法面接員)など、子供に関わるすべての機関が一堂に集まった、言わば、子供のためにプロが集結した施設です。
こういった施設が日本にも必要です

まずは、私たちの意識を変えよう。


児童虐待はもはや、家庭内、親子間の範囲を超えていす。児童誘拐、人身売買、子供(男女問わず)の性搾取、臓器売買、国際犯罪、サイバー犯罪など、子供を取り巻く危険の多くは「児童虐待」にカテコライズされています。
その意識を持ち、地域の力で、周囲の大人たちの優しさで、子供たちを見守りましょう。

書き手として  Since 2002 Yukon River Alaska

執筆&講演のご依頼など、お気軽にメッセージください。info@hirokawamasaki.com








すべては、ひとつの勇気から
写真の無断使用は硬く禁じております。Masaki Hirokawa All rights reserved