Foot prints  ノンフィクション作家  廣川まさき人生でやってきた事と取材歴














1999年 カナダ競走馬生産育成牧場。

2000年 カウボーイのおじさんに弟子入り。

2001年 牧場の2歳馬と共に、バンクーバー競馬場へと移り、馬房に住み込み、厩務員。早朝4時から調教の手伝い。

2002年 911アメリカ同時多発テロによりカナダを追い出される。ニュージーランドの競走馬生産育成牧場。母馬から離したばかりの子馬の世話をする。世話をしていた、一頭の子馬が思いがけない事故に遭い、涙を堪えて腕の中で抱きしめながら、安楽死のための注射を打つことに。この日々は、ナショナルジオグラフィック日本版WEB『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』で週刊連載。

2003年 アラスカの原野に、なぜかインディアンの土地に、約100年前に日本人によって作られた北極海沿岸エスキモーたちの村がある。その村を訪ねるため大河ユーコン川約1500キロを単独カヌーで下る。その旅の記は『ウーマンアローン』は集英社刊。

2004年 カヌーの旅の記『ウーマンアローン』が、集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。

2005年 航海術を学ぶ。カナダ子供海洋キャンプの活動。カナダの牧場記が、集英社ウエブマガジンS-womanネットで連載。

2006年 アラスカ・ウエストデナリ(ミンチュミナ湖周辺)で、40匹の橇犬たちと厳冬。犬橇の犬たちとアラスカの森の中を走り回る。徴兵されイタリア戦線を生き延び、終戦後「人は、なぜ殺し合うのか」を50年間森の中で考え続けたオリバー爺さんの教えを得る。その日々の記、ナショナルジオグラフィック日本版WEB『アイスブルーの瞳』にて週刊連載


2007年 『ウーマンアローン』で約束した絵本を届けるため、再び大河ユーコン川を単独カヌー。その後、アメリカの水爆実験で消滅する危機にあった北極海・伝統捕鯨エスキモーの村に滞在取材。

2008年 北極海伝統捕鯨エスキモーの村、ティキヤック村滞在取材。北極海での捕鯨の手伝いをし、クジラの解体を手伝う。「鯨の感謝祭」。この日々の記、『私の名はナルヴァルック』集英社にて刊行。

2009年 クロアチア沿岸から地中海沿岸一帯と島々を航海取材。財政破綻寸前のギリシャやトルコなど。

2010年 集英社より『私の名はナルヴァルック』刊行。中国台湾少数民族を取材。

2011年 ナショナルジオグラフィック日本版WEB『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』週刊連載。野生動物写真家、星野道夫氏のアラスカの母と呼ばれる「おっかさん」の、ターミナルケアのため急遽渡米。北極圏沿岸石油プラント・プルドーベイを取材。
アフリカ・ケニア貧困農村部、孤児院支援活動。孤児院の子供たち、農村部の子供たちに折り紙授業。アラブ首長国連邦ドバイ、アブダビにてイスラム教の国を滞在取材。

2012年 キューバ農村部滞在取材。デンマーク沿岸航海取材。ヴァイキングの歴史。再生可能エネルギー国の取材。旧ユーゴスラビアの国々、クロアチア、ボスニア、セルビアの紛争跡を取材、弾痕が残る宿に滞在。

2013年 ナショナルジオグラフィック日本版WEB『アイスブルーの瞳』週刊連載。アメリカンコッカ―スパニエル犬(ルカ)を相棒に、アラスカの沿岸を航海取材。氷河沿岸カヤック探検。この旅の記は、ナショナルジオグラフィック日本版WEB『北米フィヨルド航海記』にて連載。

2014年 再びアラスカ沿岸を航海取材。大氷河カヤック探検。

2015年 ナショナルジオグラフィック日本版WEB『北米フィヨルド航海記』連載。アラスカ、オーロラ撮影。地球物理学者・赤祖父俊一博士取材。その記は、『ビッグショット・オーロラ』小学館から刊行。

2016年 地球物理学者・赤祖父俊一博士からの教えを記した『ビッグショット・オーロラ』が、小学館ノンフィクション大賞最終選考に選ばれる。

2017年 
アリゾナ州フェニックス滞在取材
カリフォルニア児童保護施設アートセラピー折り紙授業を行う。小学館より『ビッグショット・オーロラ』を刊行。

2018年
再度アリゾナ州フェニックス滞在取材。カリフォルニア児童保護施設アートセラピー折り紙授業。小学館『ビッグショット・オーロラ』が、第7回梅棹忠夫・山と探険文学賞最終候補に選ばれる。

2019年  取材&執筆中